So-net無料ブログ作成

【11月30日出発式】のJR山手線、新型車両のトラブルに思うこと [ニュース、社会]

JR山手線の新型車両E235系のトラブルが相次いだ問題、
システムの不具合が原因とのことですが、

これからの時代、 こういう事態が増えるんじゃないかなと思います。
BriCWgfCAAAB_mW.jpg
http://matome.naver.jp/odai/2142084197445173701

なんというか、人の手でなく、 すべて機械やコンピュータによる制御に頼りすぎるために、 かえって、トラブルにつながっているような気がするのです。

事実関係・顛末は、ニュースでご存じかと思いますが、以下のとおりですよね。

JR東日本は1日に山手線に13年ぶりの新型車両を投入したが、初日からトラブル続きで、2日以降も運行を休止すると発表した。(システムの)修正が終わるまで当面運行を見合わせる。

初日の3駅で運行トラブル。

その1 目黒駅で停止位置を55センチ越えて停車した。

その2 大崎駅でホームドアが開かなかった。

その3 大塚駅前で運転士がブレーキ異常に気づき、
    予備ブレーキによる手動運転に切り替えたが、
    停止位置の1・5メートル手前で停車。
    車内放送ができなくなり、電源をリセットし復旧したが、
    その間、乗客約700人が30分間、缶詰めになった。



JR東日本も、
13年ぶりの新型車両ということで、
慎重に試運転を重ね、
「これで大丈夫」と満を持して、
運行開始されたかと思います。

それは、よくわかります。
しかし、これは、私の推測なのですが、
運転する人間でなく、 システムのチェックを重点に置いていたのではないでしょうか?

かつては、職人技というか、人間の長年の経験による勘というか
「職人技」みたいなものが、本当に重要視されていましたよね。

20151008130811enews-2.jpg
http://www.kyoto-np.co.jp/economy/article/20151008...

今回も、万が一の、人間による軌道修正の訓練も、
あわせて行っておけば、こんなことにならなかったような気がします。

これからは、少子高齢化はもちろんのこと、
労働人口の激減という、ドラチックな環境の変化の中、
コンピューターシステムを大いに活用すべきだと思います。

しかし、最後は、人間の微妙な感覚といいますか、
バランス感覚のような人間的な要素は
最後まで排除できないのでしょうね。

コンピューターの開発は、日進月歩、
今後すごいことになるのでしょうが、

「職人の技」はいつの時代も、残しておいてほしいものです。

今日は、勝手なことを書いてしましましたが、
決してJR東日本の悪口や批判を
しているわではありません。

むしろ、あのような環状鉄道で、
数分間隔でダイヤの狂いもほとんどなく、 正確に運行されていることが信じられない奇跡です。

世界に誇る日本の鉄道技術、運行技術、これこそが「職人技」ですよね。

E235系自体は、かっこいい車両です。見るからに乗り心地よさそうです。 トラブルを克服して、ますます、快適で便利な山手線でいてほしいです!!!





スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます